sola_logo_2017_enpit.png

ITSPへようこそ

社会全体におけるIT利用の拡大、また産業が提供する製品やサービスの中核をなすソフトウエアの巨大化、複雑化にともない、信頼性のあるソフトウェアを開発し、新しい価値を創造する高度ITスペシャリストの必要性が増大しています。

東京工業大学 情報理工学院 情報工学コースでは、将来の価値を創造する手段としてのソフトウェア構築に必要な基礎概念や、それを基にした実用的問題に適用可能な理論、そしてソフトウェア開発の実践的な側面までの高度な専門性を持ち、近未来ソフトウェアの発想力を持つスペシャリストの育成を目的とした実践的教育プログラム 【IT特別教育プログラム(ITSP)】 を実施しています。

※旧教育制度では「ITコース」と呼ばれていましたが、2016年度以降、名称が「IT特別教育プログラム(ITSP)」に変更されました。

ITSPは修士向けのプログラムですが、学部生向けにも一部の授業を開放しています。詳しくは「カリキュラム」をご覧ください。


なお本教育プログラムは、企業さま・個人さまからのご寄付を募っております。寄付についてはこちらをご覧ください。



本プログラムへのお問い合わせは、
IT特別教育プログラム事務局 E-Mail jimu@itpro.titech.ac.jp までお願いします。

Twitter @titech_itsp https://twitter.com/titech_itsp
Facebook https://www.facebook.com/titech.itsp/


※本プログラムは、東京大学・国立情報学研究所と協力して、実施されています。

また、本プログラムは、「分野・地域を越えた実践的情報教育協働ネットワーク」(通称:enPiT エンピット)という文部科学省の教育事業にも参加しています。
enPiTは東京大学・大阪大学など、全国の15大学が中心となって実践的な教育に取り組んでいます。
このenPiTには4つの分野があり、東工大は「クラウド・AI・ビッグデータ分野」に参加しています。

ITSPは東京工業大学の特別教育プログラムとして2年でプログラム修了を目指すものですが、
enPiT関連科目は、学部生も対象に開講し、履修生にenPiT修了認定をしています。


enPiTについては、以下のリンクを参照してください。
enPiT公式サイト http://www.enpit.jp/
enpit.png